海城中学高等学校
新しい人間力と学力をそなえた真のリーダーを育成

毎年、東大への合格者数ランキングで上位に登場し、80年代後半から進学校のイメージが定着した海城中学高等学校。しかし当時から「大学合格実績だけではいけない」という問題意識が高く、「新しい人間力」と「新しい学力」をバランスよく備えた真のリーダー「新しい紳士」の育成に注力し続けています。 今回は「新しい人間力」を育成する試みの一つとして「プロジェクトアドベンチャー(PA)」と「ドラマエデュケーション(DE)」という2つの体験学習について、体験学習推進委員会の現委員長である中村陽一先生と、前委員長の次重文博先生に話をうかがいました。

海城が提唱する新しい人間力

本校ではもともと、大学受験を突破できるだけではなく、大学を卒業し社会に出てから活躍できる人材の育成を目指してきました。グローバル化が進み価値観がますます多様化した現代社会においては、それにしたがって努力していけば、誰もが幸せになれるといった「大きな物語」は、すでに失われてしまっています。 このような社会で活躍していくためには、価値観の異なる他者、前提を共有しない他者と対話するコミュニケーション能力や、価値観の異なる他者と協働し、これまで目にすることのなかったような新しい問題や一つの決まった答えがないような問題に取り組み解決する能力が、ますます求められるようになっています。
その能力を育成するには、教員がそのノウハウのようなものを教え聞かせるだけでは不十分です。基礎基本の部分を教えることはできるかもしれませんが、コミュニケーションの方法と言っても状況によって適切な対応の仕方は様々ですし、そもそも彼らが現実で向き合うことになる問題は多様で一定の答えがある訳ではないので、どんな状況でも通用するような方法を教えることはできません。
 
そのような力を鍛えるためには、実際に他者と対話し協働するような場の中で、状況に応じた適切なコミュニケーションの方法や、価値観をすりあわせながら他者と協力する方法などを、体験的に学ぶプログラムが有効だと考えます。 座学でマニュアルに沿って学ぶのではなく、他者と共に体験的に学ぶような学習プログラム、誰かに教えられるのではなく体験の中で自ら適切な方法を学び取るようなプログラムが必要なのだと考えます。
 

そのような問題意識をもって、体験学習プログラムの調査、研究を進める中で、「プロジェクトアドベンチャー(PA)」や演劇の手法を用いた「ドラマエデュケーション(DE)」が、本校の生徒に有効ではないかと考えるようになりました。12年前にPAを試験導入した後、どのようなプログラムをどの段階で実施するべきか検討を重ねて、現在では中学3学年のそれぞれの発達段階に合わせた体験学習のプログラムを実施しています。
 
これは学習観の変遷とも関わる話ですが、本校の体験学習はあらかじめ獲得すべき知識が示され、その知識の獲得が主たる目的となるような活動ではありません。大切なのは、授業を通してどのような体験をし、その体験を通して何に気づき、何を学び取ったのかを、生徒それぞれがきちんと振り返り、今後の生活に生かしていくことです。 この場合、身体をともなった体験であるということも重要です。「アタマ」だけではなく、「カラダ」にこそ深く刻まれるような体験(身体的な心地良さや不快感などでしょうか)があります。そこから学ぶことが重要です。PAもDEも身体表現を伴った活動になっているのはそのためです。
 

体験学習「プロジェクトアドベンチャー」の学び

未知の世界へ一歩踏み出し、
経験や挑戦を通して人間的な成長を促すプログラム

未知の世界に挑戦する「アドベンチャー(冒険)」を核とした中学1・2年時の体験学習プログラム。 立木や丸太、ロープなどを使った様々な活動の中で、チームで課題に挑み、人間として成長するための「気づき」を得ながら、仲間と信頼関係を築く。自己との対峙、葛藤、自分自身に対する挑戦、仲間との協力、達成感などを体験しながら、コミュニケーション能力やコラボレーション能力、創造力などを高めていく。
プロジェクトアドベンチャー<PA>とは・・・
■中1プロジェクトアドベンチャー(PA)
 
生徒同士がまだあまり触れ合えていない入学してすぐの春に、高尾の森わくわくビレッジのプロジェクトアドベンチャー施設で行われる日帰りのプログラム。PAジャパンのファシリテーターの指導の下、小さい板の上に全員が乗る課題、ワイヤーの上を皆で協力して綱渡りする課題など、1人では達成できない課題に取り組む。地上に近いところでの体験が中心のため「ローエレメント」と呼ばれる。
<次重先生> 「プロジェクトアドベンチャー(PA)」は、未知の世界に対して一歩踏み出したり、まだあまり経験のないことに挑戦したりすることを通して、人間的な成長を促すプログラムです。そのような体験を積み重ねることで、自分の世界が広がっていき、また新たな領域へと進んでいくことが可能になります。
 
「冒険」や「挑戦」を可能にするには、それがしやすい場が作られなければなりません。何か新しいことにチャレンジしようとした時に、周りの者がそれを揶揄したり、足を引っ張ったり、はしごを外したりするような環境だと、安心して行動に移すことができません。逆に、新しい挑戦を励まし応援するような場であれば、たとえ失敗したとしても、そこからもう一度チャレンジしようという気力が湧いてきます。だからPAでは、まずお互いに心を許し合い、信頼し合える人間関係作りから行っていくことになります。それが、中1の「ローエレメント」を中心とした活動です。
 
PAのチームで協力しなければ達成できない課題に取り組む時、メンバー同士のコミュニケーションが自然と行われます。その中で試行錯誤を繰り返しながら行動していくことで、お互いの信頼関係が結ばれていきます。うまく課題や目標を達成できた時には、みんなで喜びを分かち合い、それぞれの自信につながっていきます。最初、クラスメイトとまだよく話したこともなくて不安そうにしていた生徒同士の距離が一気に縮まり、笑顔や笑い声が生まれます。
 
さて、PAの活動を経た後、実は生徒同士の小さなケンカがよく起こります。というのも、お互いが仲良くなり、入学時にはあった心の壁が下がっているからなのです。気を許している状態だからこそ、そこで心ない一言を言われると、心に強く突き刺さります。心の壁が高く防御している状態なら起こらないようないざこざが起こってしまうのです。
 
一見、それはPAの弊害のように見えるかもしれませんが、心の壁を下げ合ってコミュニケーションするとはどういうことかという新たな学びの場になっています。PAの活動の時に体験した、チャレンジすることを応援し合う安心・安全の場が、学校生活においても実現されなければならないことを学び直すのです。その後、文化祭や体育祭に向けての活動が進んでいく中で、意見がぶつかって互いに譲らない状態になったりすることもありますが、そんな時にはPAで自分たちはどうしたのかという共通体験を元に話し合っていけますし、また次第に相手を尊重することを覚えていくのです。
 
PAでも、活動終了後は必ず振り返りを行い、どこが良かったのか、どういうところが次に生かせるのか、今の気持ちはどうかなどを話し合い、共有します。実際の活動よりも話し合いの方が長いくらいです。そのような話し合いも含めた体験を入学して間もなくの時期にすることで、これから始まる海城での6年間のスタートを切るのです。
 
■中学2年 プロジェクトアドベンチャー(PA)体験
 
中学2年のPAでは、1泊2日の研修で、ハイエレメントと呼ばれる高い場所での活動になり、チャレンジレベルがさらに上がる。自分たちのチャレンジは自分たちで選択が可能であり(チャレンジ バイ チョイス)、グループ内で生まれる「高いところは苦手だから低いところがいい」「せっかくだから高いところでやろう」といった葛藤をクリアしていくことが、生徒たちにとっての課題のひとつになる。夜には長時間をかけてお互いの価値やチャレンジについて議論や討論を行い、信頼関係を再構築していく。
<次重先生> 中学2年では、いよいよ自らの「挑戦」と向き合いながら、活動していきます。人間が本能的に恐いと思うような状況には、例えば「暗い」とか「深い」とか、色々ありますが、ここでは「高い」という状況において「挑戦する」という課題に取り組みます。それは、ただ単に身体的な挑戦というだけでなく、心の冒険も大事にされます。自分自身と向き合いながら、少しでも踏み出せる勇気を持ったり、挑戦するクラスメイトを心から応援し、サポートしたりする活動を丁寧に行っていきます。上に上っている仲間ためにはしごをかけ命綱を握るのも生徒ですし、下から励ましの声をかけ応援するのもまた生徒同士です。だから、いわゆる度胸試しというようなものとは違います。
 
2日間の活動のうち、初日は、主にそれぞれの挑戦がしやすい関係の結び直しに当てられます。中1で行った「ローエレメント」の課題がより難しくなったものも行われます。そして、その夜には、2日目の活動内容をどうするか、それぞれのチームで話し合います。チームの中には、高いところが比較的得意な生徒もいれば、苦手な生徒もいます。お互いを尊重しながらも、チームとしてどのようなチャレンジを行っていくのか、彼ら自身がそれを決めるのです。
 
その夜のミーティングでは、それぞれの心の中にある異なった考え方や感じ方を互いに見合えるようにするために、付箋や模造紙などに書き出したりして、きちんと共有しながら議論していきます。議論の様子を見ていると、発言力のある声の大きな者が自分の主張を通そうとする場面よりも、互いを尊重しながら対話する場面の方が多く、信頼関係を結び直しながら、みんなが納得して活動できる道を探ろうとする作業が中1の頃よりもずいぶんスムーズになっているのが分かります。彼らの成長にPAの効果を感じることがありますね。
 
価値観の違う者同士が協力して、課題を解決していく感覚を磨き続ける
――「プロジェクトアドベンチャー(PA)」という体験学習を通して、大切にされていることは何ですか。
 
次重先生:PAは、課題を成功させることだけが目的なのではなく、課題を乗り越えて解決していく過程で、生徒がお互いにどういう力を合わせていくことができるかを大事にした活動になっています。毎年、学年で大事にしている価値をキーワードとして掲げるのですが、今年の中1は、「協力」「尊重」「信頼」を3つのキーワードとして挙げ、「協力するとはどういうことか」「どういうときにどうすれば相手を尊重することになるのか」などを具体的に考えながら活動していきました。
 
そうした体験を中学1年・2年だけのものとして終わらせるのではなく、価値観の違う者同士が協力して課題を解決していく感覚を、学校生活の中で生かし、ずっと磨いていってもらいたいと思っています。
 
――「プロジェクトアドベンチャー(PA)」での相互理解や議論を通して成功体験を得ることが、生徒の成長につながっていくのでしょうか。
 
次重先生:PAでは成功体験もありますが、できなかったこともまた大事な体験です。 必ずできるというものではなく、当然失敗もするし、でもできないことの中でも良かったことがあるし、できないことにも次に生かすにはどうすればいいのかを考えられる良さがある。それに気づくことが大事になってきます。
 
――体験学習「プロジェクトアドベンチャー(PA)」による生徒たちの成長を、どこで実感されますか。
 
次重先生:中1がPAから帰ってきたあとに、グループ活動におけるプレゼンテーションが抜群に良くなっていて、お互いを気遣うところが見られたりすると嬉しいですね。中2のPAのあとには、何か困っている者がいたり挑戦しようとしている者がいた時に、積極的に関わろうとする姿が見られたりした時、成果があったかなと思います。
 
ただ、やはり生徒の中で記憶はどんどん薄れていくので、効果も緩やかに下降していきます。そこをまたいろんな活動で補うことが大切で、そうすることで少しずつ身についていくのだと思います。
 
普段の学校生活でもうまくいかないこともたくさんありますが、その中でも学びがあるのは、PAのような柱がひとつあり、その意味を理解できるからです。いろいろなことがバラバラになったままではなく、それが結びつけられ、お互いに影響し合って、子どもたちの成長につながる核となる体験として、我々はPA を位置づけています。
 
PA は、アドベンチャーということで冒険活動でありますが、といってもすごく人工的で安全な冒険です。でも、その体験は現実世界でも生かせると思っていて、生徒たちには決して学校生活の中だけではなく、卒業後も未知の世界に挑戦していくという姿勢を持てるようになってほしいと思っています。