気をつけたいポイントを解説!
子どもの反抗期への親の関わり方

気をつけたいポイントを解説!
子どもの反抗期への親の関わり方
子どもが小学校中~高学年になり思春期の入り口に差しかかると、口答えをしたり親をわずらわしがったりして、反抗的な態度を取ることが増えてきます。「もしかして反抗期?」と悩まれる親も多いのではないでしょうか。
わが子が反抗期を迎えたかも?と感じたら、親は何に気をつけて子どもと接するべきでしょうか。思春期に子どもの身体と心で起こっていることや、親が心がけたいことなどについてご紹介します。





Column反抗期、いつ始まった?何に困った?どのような対応をした?
子どもの反抗期について、経験の有無と始まった時期、困ったことなどに関するデータをご紹介します。また親が反抗期にとった対応や失敗談などもまとめています。現在、悩んでいる方も、今後に役立てたい方もぜひご覧ください。
子どもの反抗期を経験したことが
ありますか?
子どもの反抗期が始まったのは、
いつ頃ですか?
反抗期に一番困ったことは何ですか?
子どもの反抗期の体験談
子どもの口答えにいちいち反論して、火に油を注ぐような失敗を繰り返していた。子どもの言い分が多少間違っていても「そうな~ん」と否定も肯定もせず、聞き流すのが一番だったと思う。本人も悪いと分かりつつ、口答えしているようだった。(51歳、女性)
子どもが無言を貫いていたので、問い詰めたり、「無視するな」と注意したりしたが、さらに態度がかたくなになり逆効果だった。LINEを使って軽い感じで問い掛けたり、スタンプを送ったりしたら、返信が来て無言地獄から脱出できた。(40歳、女性)
声掛けは短く何回も繰り返し、冷静に淡々と対応した。反省点は思春期の男の子の考え方に無知だったこと。良かれと思ってあれこれアドバイスしたら、上から目線と言われた。男子は自分の考えで成功することにこだわるような気がする。(47歳、女性)
子どもの機嫌がいい日を見計らって、一緒にドライブに行き、車の中で何げない話をしたり、好きな物を食べさせたり、バドミントンをしたりした。家とは違う素直そうな表情をしていたのを覚えている。(50歳、女性)
学校や部活から帰って来た後、1人でクールダウンする時間と空間が必要らしいと気づき、なるべくそっとしておいた。徐々に無駄な衝突が減ったように思う。(55歳、女性)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で